★看護部長から皆さんに届けたい“熱いメッセージ”
✿こちらからどうぞ!⇒http://www.candouga.com/movie/ncce/0002/

★東病院インターンシップ・見学のご案内★
インターンシップ・病院見学を希望する方は下記のアドレスまでお申込みください
日程の合わない方は、ご都合に合わせて調整できますので、
いつでもご連絡ください。

✿お申込み・お問い合わせ先→ kango@east.ncc.go.jp 

『多地点テレビがん看護カンファレンス』

全国のがん診療連携拠点病院:24施設を
多地点テレビ会議システムで結んで、
定期的に開催している合同カンファレンスが、
≪多地点テレビがん看護カンファレンス≫です。

 

【がん看護】をテーマにしたカンファレンスは、
4ヵ月に1回のペースで、
第3金曜日の17:3018:301時間、
開催しています。

 

今回(217日)のテーマは、
『患者視点にたったチームでの取り組みについて』
でした。
まず、大阪府立成人病センターからの発信で、
患者教室などの取り組みについて、
興味深いプレゼンテーションがありました。

P2171555 (640x446)














 

地域の特性に応じた取り組みを知ることは
、実に新鮮です。
全国に広がるがん拠点病院との間で、
居ながらにして意見交換・情報共有ができる
わけですから、たいへん有意義な試みです
し、毎回、素晴らしい成果を上げています。

番外編のエピソードもありましたよ。
当院にも全国から看護師が集まって来ています
ので、テレビカンファレンス中、
いろんな地域の方言が飛び交ったりして、
故郷の懐かしさに触れた看護師も多かった
みたいです!


P2171558 (640x430)















カンファレンス終了後に、パチリ
当院の看護部研修企画委員たちです。
国立がん研究センターの組織の一つ、
情報センターのスタッフも、
この会議システムの運営に参加しています。

 

本当に、あっという間の1時間でした。
全国のがん拠点病院の看護部のみなさま!
4ヵ月後に、またテレビ画面で
お会いしましょう!!



国立がん研究センター東病院看護部 
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/professional/nursing/index.html

看護学生実習!専門・認定看護師のミニレクチャーやってます!

現在、4校から看護学生を実習生として
受け入れています。
看護実習の中で、東病院が力を入れていて、
毎回、好評なのが、
各部署の専門看護師・認定看護師による
ミニレクチャーです。

 

各部署・病棟には、2~3名ずつ専門看護師、
及び認定看護師が勤務しています。
看護学生の皆さんにとって専門・認定看護師は、
将来の大きな目標の一つだと思います。
実習中に、直接、仕事ぶりを見ながら、
“がん看護の専門知識をさらに一層わかりやすく
            理解してもらおう!”
専門・認定看護師ならではの発想から生まれた
恒例の企画です。

 

看護実習では、時間も限られてしまいますし、
緊張も重なり、なかなか上手に質問できない学生
さんもいますよね!
そこで、特に、学習テーマを絞って、
専門・認定看護師によるミニレクチャーを
設けています。
看護のポイントを基礎知識とつなげていけると、
患者さんとのコミュニケーションが、
一段と深まりますからね。

化学療法認定看護師レクチャー (1) (640x417)















先週の、《がん化学療法認定看護師》による
ミニレクチャーの様子です。
実習生たちの真剣な表情がとても印象的でした!
下の写真は、≪緩和ケア認定看護師≫です
緩和ケア認定看護師レクチャー (5) (640x511)







 










看護実習の臨床現場で体験した学習内容が、
近い将来の看護師としての基礎になることは間違いありません。
「現場でしか吸収できないことを
     どんどん積極的に学んでほしい!」。
そんな熱い思いで、東病院では看護部を挙げて、
毎回、看護学生さんたちを迎え入れています。

 

患者さんとの出会いを大切にして、
実習を乗り切ってください!

今度は、あなたの番ですね!?

国立がん研究センター東病院看護部 
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/professional/nursing/index.html

スペシャリストコース基礎編≪疼痛緩和≫研修 e-ラーニング編!


前回の記事に引き続き 【e-ラーニング】の
ご紹介です


今年度からは新しい試みがスタート

育児中でも受講しやすいように
e-ラーニング】を導入したのです。

来年度に向けて、現在は準備段階ということで、

まず2コースのみの開講でしたが、4名から受講
の申込を受け付けました。
 

≪疼痛緩和≫コースでは、3名が受講しました。
4回分の講義を内部サーバーで、自分の都合の
良い時間に視聴して、自己学習。

その後、習熟度テストにチャレンジ。
その結果で、最終回のみ、スクーリングとして
集合教育に参加します。

さすが、3人とも基準点をはるかに上回る
高得点で、らくらくクリアー

そして、最終回のグループワークを無事に終え、
『修了証』が発行されます。

 

育児時間や育児短時間制度を有効活用して、
子育てをしながら、最前線で働き、さらに
キャリアアップに向けて頑張る姿は、
後輩たちにとっても、
理想モデルですね!

3人の写真ピンクのライン DSC_0417 












 
「やっぱり看護が好きだから!」

 「人とかかわることが好き!」
そんな自己実現のためには、継続的な勉強が
不可欠だという強い思いを語ってくれました!


これからも、看護部が企画する院内教育で、

“今”に合った取り組みを続けていきたいと
思います!


国立がん研究センター東病院看護部 
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/professional/nursing/index.html

スペシャリストコース基礎編≪疼痛緩和」≫研修 最終回!


シリーズもの研修のご紹介第2弾です!

スペシャリストコース基礎編≪疼痛緩和≫研修

研修も5回目で、いよいよ最終回。

がん看護の基礎知識講座として、とても人気の
高い分野です。今年の受講生は37名でした。

それだけ、みんなが必要だって感じているテーマ
なんですよね

 

講師陣は、全5回とも、
がん性疼痛認定看護師4名、
緩和ケア認定看護師5名が
企画し進行します!
みんな、外部講師を務めているので難しい講義も
易しく理解できるような工夫が随所に!

最終回の研修内容は、グループワークです。

ペーパー・ペイシェント(書面上の想定患者)
による模擬カンファレンスです。

活発に勉強した知識を駆使した意見が出て、
まるで、実際に病棟でカンファレンスを行って
いるような臨場感に包まれていました。

 20170214 最終回GW DSC_0413








「普段使用している薬剤を、より深く理解できました。」
「トータルペインで患者さんを理解し看護する大切さがわかりました。」
「毎回の講義で学んだ知識が、すぐに臨床で実践できました」
などの感想が聞かれ、
いい表情で、会場を後にしていました。


みなさん、お疲れ様でした
 

★さらに、今年度からは新しい試みがスタート。

育児中でも受講しやすいように【e-ラーニング】
を導入したのです。
次回のブログでご紹介します!


国立がん研究センター東病院看護部 
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/professional/nursing/index.html

≪看護研究ステップアップ≫ 手術室編! 

今回の≪看護研究ステップアップ≫は、
 研修受講者のうち
2名が、手術室から受講でした!

研究課題として取り上げたテーマも、
 いかにも“オペ室あるある”で、
 とてもユニークな内容でした。


もしも、看護学生さんの中で、
詳しく
聞いてみたい方インターンシップに
手術室見学コースが組まれています。
来院した時には、ぜひ直接聞いてみてくださいね


sketch-1487298261333 (640x488)
           人文字、わかるかな?

受講生の人が、
研修会後に記念写真を撮っている時の出来事!

 

《研究支援チーム》の一員でもある
手術室の看護師長が飛び入り!
「もっと
OPE室をアピールしたいで~す!」
と即興で受講生の発案で人文字を作成。

 

こんな機動力のあるチームワークや、
楽しい雰囲気を演出できるスタッフが
揃っているから、研究課題でも、
自由な発想が生まれてくるんだなぁ~と、誰
もが納得できる一場面でした。

 

手術室から参加した受講生の2名も、
看護師長も、
1年間たいへんお疲れさまでした!


国立がん研究センター東病院 看護部
 http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/professional/nursing/index.html

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード